Webページ、画像、動画などのを高速かつ安定して配信させたい方に
CDN(Contents Delivary Network)のすすめ

WILLNET
電話番号079-430-2444
トップページ > オプション一覧 > CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)

windowsサーバー特集~windowsで選ぶサーバー~

超高速WordPressプラン

無料SSL Let's Encrypt

PCバックアップ 「リモートバックアップ ON クラウド」

FX専用VPSプラン

30日返金保証

お申し込みはこちら

レンタルサーバーサービス一覧 法人の方 個人の方
お乗換えの方
自動見積もり
お客様サポート
お客様の声
よくある質問
ご意見をお寄せください
ウイルネットの特徴と選ばれる理由


アフィリエイトパートナー

お客様サポート

CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)

CDN(Contents Delivary Network)とは?

CDNは、Webページ、画像、動画などのを高速かつ安定して配信するための仕組みです。 日本国内だけではなく、世界中に配置されたInterNAPのCDNエッジサーバにお客様コンテンツをキャッシュさせることで、エンドユーザはお客様の Webサーバにアクセスすることなく快適にコンテンツを閲覧することが可能になります。

対象となるお客様

以下のようなWebサイト運営をお考えのお客様は、CDNの導入をぜひご検討ください。

・基本的にアクセスが多いサイトで、サーバ負荷が心配だがコストをかけたくない。
・Yahoo!など、メジャーなニュースサイトからリンクされることがあり、一時的にトラフィック急増の可能性がある。
・ECサイト、イベントサイト等で、セールや応募受付などのトラフィック急増が心配。
・ソフトウェアのダウンロードサービスを行いたい。
・動画配信を行いたい。

CDNの仕組み

CDNは、全世界に多数配置されたエッジサーバによって構成されています。
多数の利用者からのアクセスを多数のエッジサーバに分散して誘導することにより、トラフィックの分散をはかり、スピード低下を防ぎます。
また、お客様Webサイトへは、原則としてエッジサーバしかアクセスしません。
そのため、利用者のトラフィックに関わらず、お客様サイトの負荷増大は発生しにくくなります。

CDNの仕組み
 ウイルネットのCDNでは、全世界18箇所にエッジサーバを配置しています。

一般に見られるアクセス集中対策との違い

大量のアクセスによるスピード低下への対策には、Webサーバを複数立ち上げ、ロードバランサー等を導入して、負荷分散環境を設計、構築するのが一般的です。
また、一時的な負荷の増減に対しては、クラウドサービス等で、必要に応じてリソースの割り当てを柔軟に変更できる、と謳っているケースもあります。

 
しかし、これらは、以下のような課題があります。
複数台構成による
負荷分散
クラウドによる柔軟な
リソース変更
・基本的に共有サーバプランでは対応できない。
・設計、サーバ利用、構築のコストを全てお客様が負担。
・複数のWebサーバ間の同期など、サイト構成が必要以上に複雑なものになる。
・いつどれだけのリソースを割り当てればいいのか、という見極めが必要。
・リソース増設分のコストは結局お客様が負担。

※CDNの場合、上記の問題はあまりありません。


ウイルネットCDNの特徴


ウイルネットで提供するCDNは、主に三つの特徴があります。

セキュリティの向上

世界中に配置されたエッジサーバは、お客様Webサーバの盾となり悪意ある利用者からの攻撃を軽減させる効果があります。   ハッキングなどの攻撃に対しても有効で、DOS攻撃を受けたとしてもCDNサーバがアクセスを吸収するため、サービスがストップする事がありません。   また、キャンペーン・バーゲンなど急激なアクセスの増加にも平常時と変わらず安定した配信が可能です。結果として顧客満足度、コンバージョン率の向上といった効果も期待できます。

コスト削減

世界中に配置されたエッジサーバは、お客様Webサーバの盾となり悪意ある利用者からの攻撃を軽減させる効果があります。   ハッキングなどの攻撃に対しても有効で、DOS攻撃を受けたとしてもCDNサーバがアクセスを吸収するため、サービスがストップする事がありません。   また、キャンペーン・バーゲンなど急激なアクセスの増加にも平常時と変わらず安定した配信が可能です。結果として顧客満足度、コンバージョン率の向上といった効果も期待できます。

中国・東南アジア向けサイト

中国・東南アジア向けのサイトは、香港またはシンガポールなどに設置されたエッジサーバにコンテンツをキャッシュさせることで、Webサーバが日本国内に設置されていても、中国・東南アジアのエンドユーザに対し最適な配信経路を提供し、安定したコンテンツ配信を実現します。

導入方法

DNSレコードの変更が必要となりますので、弊社提供ネームサーバーのご利用を前提とします。

ns1.willnet.ne.jp
ns2.willnet.ne.jp

CDNに対応出来ない(させたくない)コンテンツは、CDN経由にしないよう対応が必要です。

利用料金


CDN(Contents Delivary Network)
対 象 初期設定費用 月額料金/従量課金
WVM専用サーバープラン
クラウドプラン
0円 転送量500GBまで無料
500GB以上は1GB/50円


こちらのオプションは、ウイネットの専用サーバ、VPSサーバをご利用中のお客様向けです。
お申込みは、会員ページへ変移後、ログインして「ご契約内容一覧」より「オプションの追加」を選択して下さい。

会員ログイン
このページの最上段へ
動作確認ソフトウェア 無料トライアル
Copyright© Will Co.,LTD. All Rights Reserved.