サポート情報

DNS切り替え前にドメイン名でサーバーにアクセスするには

DNS切り替え前にドメインでサーバーにアクセスする方法

■概要

DNS切り替え前に新サーバー側でどのように見えているか確認したい時があります。
このような場合は、HOSTSファイルを使ってアクセスします。

このページでは、以下のような設定を例として、HOSTSに設定する方法を説明します。

例とするサーバ設定

ドメイン名 www.example.jp
example.jp
IPアドレス 198.51.100.1

example.jpおよび198.51.100.1は、ドキュメント掲載用として取り決められている値を使用しています。
実際のサーバ・ネットワーク運用で使用することはできません。また、弊社サービスで提供するIPアドレスとも異なります。

■HOSTSファイルの編集(Windows)

(1) メモ帳などのテキストエディタを、管理者として実行します。

(2) HOSTSファイルを開きます。

以下のファイルを開きます。

C:\windows\System32\drivers\etc\hosts

(3) 以下の行を追加します

開いたHOSTSファイルに以下を追記して保存します。(最後が推奨されますが、途中でも構いません)

198.51.100.1 www.example.jp example.jp

先頭にIPアドレス、それに続けて、そのIPアドレスに結びつけるドメイン名を記載します。
ドメイン名とドメイン名の間はスペースまたはタブで区切ります。

記載上の注意

必要なすべてのドメイン名を記載しなければなりません。例えば以下の場合、

198.51.100.1 www.example.jp

http://www.example.jpにはアクセスできますが、http://example.jpにはアクセスできません。

同じIPアドレスに対する設定を2行以上記述しても構いません。たとえば以下も可です。

198.51.100.1 www.example.jp example.jp
198.51.100.1 mail.example.jp

■Apple Macintoshの場合

Macintosh も HOSTS ファイルを持っています( OS X の場合)。テキストファイルですので、テキストエディタで編集できますが、ターミナルを起動してUNIXコマンドを使用する必要があります。

HOSTS ファイル編集用のアプリケーションを利用すると便利です。たとえば以下の様なアプリケーションがあります。

Hosts.prefpane
公式サイト
[ダウンロードサイト] 日本語での紹介記事

なお、このアプリケーションの利用方法は弊社のサポート対象外ですので、ご了承下さい。

■DNSとHOSTSの優先順位

同じドメインがDNSとHOSTSの両方にある場合、HOSTSが優先されます。

ページ上部へ戻る