サポート情報

DNSが正しく設定出来ているか確認するには(windows nslookup)

DNSが正しく設定出来ているか確認する方法(windows nslookup)

■概要

DNSで、ご自分のドメインにサーバのIPアドレスが正しく登録されているか、サブドメインは正しく登録されているか、windowsなどに付属するソフトウェアを使って確認することができます。このページでは、お客様がMS Windowsをご利用であるという前提で、Windows付属のnslookupコマンドを使って、DNS設定を確認する方法についてご説明します。

■対象者

弊社のお客様すべて。ご契約いただいているプランは問いません。

■前提条件

  • MS Windows PC をご利用であること。
  • いまから検索するドメインの権威サーバ(ドメインの情報を実際に管理しているネームサーバ)が、弊社ネームサーバ(ns1.willnet.ne.jp、ns2.willnet.ne.jp)であること。

もちろん弊社管理下のネームサーバ以外が権威サーバであってもnslookupで検索できます。権威サーバを指定するところが出てきましたら、適宜実際の権威サーバに読み替えてください。

■nslookupコマンドの起動

nslookupコマンドは、コマンドプロンプトから実行します。直接ドメイン名を指定して検索を行うこともできますし、対話型インターフェースで続けて検索を行っていくいくこともできます。ここでは、対話型インターフェースで起動することにします。

以下、コマンドプロンプト内で、太字は入力する文字、赤字は説明とします。「[ENTER]」はエンターキーを押します。

(1) コマンドプロンプトを開く

(2) 以下のコマンドを実行

C:\Users\username> nslookup[ENTER]
既定のサーバ: local.gateway
Address: 192.168.1.1

>

最後の行に「>」とだけ表示されたら、nslookupコマンドを対話型インターフェースで実行中になります。

■セカンダリネームサーバを指定

DNS情報を変更した直後は、キャッシュ等により、すぐには新しい情報が検索されないことがあります。ドメインが正しく権威サーバに登録されているか確認するには、セカンダリネームサーバ(ns2.willnet.ne.jp)に対して検索を行うのが確実です。

(1) nslookup内でserverコマンドを実行する。

> server ns2.willnet.ne.jp[ENTER]
既定のサーバ: ns2.willnet.ne.jp
Address: xxx.xxx.xxx.xxx
>

セカンダリネームサーバが ns2.willnet.ne.jp でない場合は読み替えてください。

■ドメインに対するIPアドレスを検索

nslookup内でドメイン名を入力すると、そのドメインに割り当てられているIPアドレスが返されます。

> www.example.jp[ENTER]
サーバ: ns2.willnet.ne.jp
Address: xxx.xxx.xxx.xxx

名前:   www.example.jp
Address: 198.51.100.1

>

最初の「サーバ」は検索に利用したネームサーバ、「名前」とそれに続く「Address」が、検索対象のドメイン名と検索されたIPアドレスです。

■MXレコードを検索

ドメインに対してメールを送った際の送信先となるメールサーバはMXレコードで指定されています。

(1) MXレコードを検索するように指定。

> set type=mx[ENTER]
>

(2) ドメインを検索する。メールアドレスの「@」より右側を入力してください。

> example.jp[ENTER]
サーバ: ns2.willnet.ne.jp
Address: xxx.xxx.xxx.xxx

example.jp   MX preference = 20, mail exchanger = mail2.example.jp
example.jp   MX preference = 10, mail exchanger = mail.example.jp
example.jp   nameserver = ns1.willnet.ne.jp
example.jp   nameserver = ns2.willnet.ne.jp
mail.example.jp      internet address = 198.51.100.3
mail2.example.jp     internet address = 198.51.100.4
ns1.willnet.ne.jp    internet address = xxx.xxx.xxx.xxx
ns2.willnet.ne.jp    internet address = xxx.xxx.xxx.xxx
>

MXレコードの内容が検索されます。付属情報として、権威ネームサーバ、および、ネームサーバと権威ネームサーバのIPアドレスも同時に検索されることがあります。

■そのほかのレコードを検索

MXレコードと同じようにして、set コマンドでレコードを指定し、検索します。

■nslookup対話インターフェースを終了

exitコマンドを入力すると終了します。

> exit[ENTER]
C:\Users\username>
ページ上部へ戻る