NEWS

GDPRによるドメインのWhois表示への影響について

GDPRによるウイルネット管理ドメインのWhois表示への影響について

EUでは、EU域内の個人データ保護を規定する法として、1995年から現在に至るまで適用されている「EUデータ保護指令(Data Protection Directive 95)」 に代わり、2016年4月に制定された「GDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)」が2018年5月25日に施行されました。

ドメインのWhois表示においては、これまで登録者や管理者の電子メールアドレス等が表示されておりました。
これらの電子メールアドレス等が個人情報とみなされるため、Whois情報を管理しているドメインのレジストリ、レジストラにおいて電子メールアドレス等を非表示にする 措置がGDPR施行後に行われています。

この影響で、これまでWhoisに表示されていた情報が2018年5月25日以降順次表示されなくなっております。
弊社のドメイン登録/変更確認画面では、Whois情報の編集を行いメールアドレス等を登録/変更できる機能が御座いますが、登録/変更されましても実際のWhois情報へ表示されない場合が御座います。

引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

ページ上部へ戻る