EV SSLサーバー証明書

業界最安値!今話題のGeoTrust True BusinessID EV が年額44,800円!!

※ セキュア・サーバID EV 85,000円~(ご希望の場合は、お問い合わせ下さい。)
 グローバル・サーバID EV 138,000円~(ご希望の場合は、お問い合わせ下さい。)

SSLサーバー証明書に出来ること。
それは、暗号化通信だけではありません。

暗号化だけなら無料のSSLで十分じゃないの??
その質問にお答えいたします。

EV SSL証明書は、今までの証明書と何が違うのかSSLは、インターネット上の通信を暗号化するための仕組みです。
通信を暗号化することで端末とサーバー間の盗聴や、改ざんを防ぐことが出来ます。
例えばネットショップなどでは、個人情報や、クレジットカード番号を入力するようなページに対して盗聴や改ざんがされないよう、データを暗号化するためSSL証明書を導入していました。
暗号化目的であればDV認証SSL証明書や無料SSL証明書でよかったのですが、なぜOV認証やEV認証のSSL証明書が必要なのでしょうか?

DV認証SSL証明書や無料SSL証明書による暗号化通信により、通信経路上でデータの盗聴・改ざんを防ぐことができました。
犯罪者たちは、データの盗聴・改ざんが出来なくなったので、本物そっくりの偽サイトを作成しログインパスワードやクレジットカード番号などの情報を入力させるためフィッシングサイトを作りました。
サイトのURLや画面を本物そっくりに作成し、ログインパスワードやクレジットカード番号などの入力を促します。

フィッシングサイトを開いた時に、偽の入力画面だと一目瞭然に判断できれば良いのですが、判断出来ない場合は、そのサイトが本物か偽物かを見分ける方法としてOV認証(企業認証)SSL証明書を導入する企業が増えています。
OV認証(企業認証)は、サイトを見ただけでは企業認証を受けて発行された証明書かどうか判断がつきません。
それではどうやって確認するのかと言いますと、サイトシールまたはスマートシールを開いて運営企業が実在するかどうかを自分の目で確認します。
聞き慣れない企業や取引のない企業は、メールを削除し無視すれば問題ないかもしれません。

しかし、金融機関やネットショップを生業にしている企業は、そうはいきません。
偽サイトの本物のサイトシールやスマートシールに似せた画像をクリックするとウイルスに感染するかもしれません。
アクションを起こす前に本物のサイトであることが判断できれば、そのようなリスクを負うこともありません。
EV (Extended Validation) SSL証明書とは、企業の実在確認など最も厳格な認証方法により妥当と判断された企業にのみ発行されるSSL証明書です。
また、EVSSL証明書には、アドレスバーが『緑色』に変化する機能があります。

すべてのEV SSL証明書は業界グループのCA/B Forumが制定した新しい確認方法を使用し、証明書の発行前にドメインおよび企業情報を厳密に確認します。
これは顧客に対して最高レベルのセキュリティーと信頼を提供するためのプロセスです。

運営組織名も自動表示され、これはEV認証タイプ(EV)のSSL証明書でしか実現できない仕組みで、メリットの一つでもあります。
ひと目でフィッシングサイトで無いことが分かります。

このようなサイトに設置をお勧めします

・ 地方自治体や官公庁など公的なサイト
・ 一部、二部上場企業など知名度の高い企業サイト
・ ショッピングサイトや個人情報入力サイト

なりすましの具体的な被害としては、近年は「フィッシング(Phishing)」により、クレジットカード番号や有効期限を第三者に盗み取られる事件が継続的に発生しています。
国際カードブランド、カード会社やインターネットショッピングサイトなどからのメールを装い、メールの受信者に偽のWEBサイトにアクセスするように働きかけ、巧妙につくり込んだ偽サイトにおいて、クレジットカード番号、ID、パスワードなどを入力させ、情報を盗み取る手法です。
そのほかにも、有名人の名を語ったサイトで他人を誹謗中傷するなど、ここ数年で「なりすまし被害」は多岐にわたって増加の一途をたどっています。

■フィッシング詐欺とは?
フィッシング詐欺は顧客を危険にさらすだけでなく、企業の信用を貶めるものであり、早急な対策が必要とされています。ニセのウェブサイトかどうかは「電子証明書」でチェックできるようにしましょう。

EV SSLの特徴
業界統一基準に則った、より厳しい発行審査が特徴のEV SSL証明書

サイト訪問者へ瞬時に安心感を伝える「アドレスバーの緑色表示」。

EV SSLをお申し込みいただけるのは、以下の団体です。

■ 日本に登記のある法人・団体
一般企業、財団法人、国立大学法人、学校法人、社団法人、組合、相互会社、その他法人などの単位
■ 中央省庁および国の機関、地方公共団体およびその機関
「職員録」に記載のある団体または局単位

※下記組織・団体等はお申込み頂けません。
・法人登記されていない組合・任意団体(公共団体を除く)
・日本国外で登記された組織・団体(登記された国で申請してください)
・個人事業者、個人

取次ブランドと料金
コストパフォーマンスが高い安心のEV SSL証明書ならGeoTrust True BusinessID EV



価格で選ぶなら断然、GeoTrust True BusinessID EV。2年のご契約は更に割引が御座います。
GeoTrustにより、 世界共通基準に基づいて厳格な審査が行われます。


GeoTrust True BusinessID EV
価格(税込) 1年 44,800円
2年 86,800円
証明書発行までの流れ
EV SSLサーバー証明書の認証プロセスについて

下記の手順で発行いたします。
(ウイルネットのサーバーをご利用のお客様は、ウイルネットがインストールまで作業代行致します。)

■ STEP:1 CSRなど申請前の準備
サーバーIDの申請に必要な情報の事前準備、確認をして下さい。具体的には、申請団体・お申込み企業の決定、CSRの準備、申請責任者と技術担当者の決定が必要となります。

■ STEP:2 オンライン申込み&申請
弊社のお申込みページより、ブランドをお選び頂き、お申込み申請をお願いたします。 オンライン申請情報を担当者が確認後、必要書類ご案内メールを送信いたします。

■ STEP:3 書類の送信お支払い
必要な申請書類を、FAXでお送り頂くか、書類をカメラで撮影し(スキャナでの取り込みもOK)メールに画像添付で以下までお送り下さい。

 ・FAX:079-430-2444
 ・メールアドレス:support@willnet.ne.jp

■ STEP:4 認証局による発行審査(認証)
認証局にてEV SSL証明書の発行に関わる以下のような確認・認証を実施いたします。署名権限確認者の確認、申請責任者に対する電話確認、技術担当者に対する電話確認。

■ STEP:5 サーバーIDのインストール
お客様による認証局による認証が完了すると、ご担当者宛にメールでEV SSL証明書および中間CA証明書が送付されます。
その後、受け取った発行通知メール内のEV SSL証明書と、中間CA証明書をサーバーにインストールし完了です。

EV SSLサーバー証明書申請時に必要な書類について

■ 登記簿謄本
企業登録の確認のため、謄本のコピー:発行から3ヶ月以内のものをお送りいただきます。

■ 英文商号の確認事項
① 有価証券報告書にて「英訳名」の確認

金融庁が運営するシステム「EDINET」で確認を行います。

② 定款の「英文商号」が確認できる場合
最新の定款に対し、必ず以下の要件を満たす原本証明をつけ、押印した代表社印の印鑑証明書を合わせて提出してください。
a.原本証明作成日(3ヶ月以内)が記載されていること
b.定款原本に相違ない旨の証明文言が記載されていること
c.組織名(登記上の正式な組織・会社名)が記載されていること
d.代表者名(印鑑証明書記載の代表者名)が記載されていること
e.印鑑証明書の登録印(代表者印)の押印があること
f.押印した代表者印の印鑑証明書(発行から3ヶ月以内の原本)が合わせて提出されていること

①または②の方法で確認ができなかった場合
英文表記を表明するための③「弁護士意見書」を確認書類として提出。
※弁護士意見書は英文での提出に限ります。また、書類作成費用は全てお客様負担となります。

書類の送付方法と送り先について

書類の郵送が不要になり、申請時間が短縮されました!

■ FAXの場合
079-430-2444

上記FAX番号へ必要書類一式をお送りください。FAXの内容が自動的にデータ化され、弊社のメールに届きます。

■ メール添付の場合
support@willnet.ad.jp

受寄メールアドレスへ必要書類一式を添付してお送りください。文字が鮮明に映るように必要書類をデジタルカメラで撮影、もしくはスキャナで取込み、画像データに変換してからメールにて添付して送信ください。

ページ上部へ戻る