Acronis Cyber Protect Cloudで保護計画を作る

このページでは「Acronis Cyber Protect Cloud」または「Acronis Cyber Backup Cloud」で保護計画を作る方法について説明します。

Acronisのサイバープロテクションコンソールにログインする。

ユーザー名を入力します。

パスワードを入力します。

次の概要画面が表示されます。「デバイス」をクリックすると次の画面が表示されます。

 

保護計画を作成する

  1. 「すべてのデバイス」をクリックすると管理している装置の一覧が表示されます。
    今回利用する装置の「名前」の場所をクリックしてください。
  2. 指定した装置に対して実施できるアクションの一覧が表示されます。「保護」をクリックします。
  3. 登録済の「保護計画」の一覧が表示されます。「計画の追加」ボタンをクリックします。

  4. 「計画の作成」ボタンをクリックします。
  5. 今回作成するバックアップの計画、保護計画の概要が表示されます。

  6. 保護計画の内容を決めていきます(設定詳細はターゲットOSによって異なります)。
    「バックアップの対象」を指定します。

    「スケジュール」を指定します。

    バックアップデータの保持期間を指定します。

    バックアップデータの暗号化を行う場合のパスワードを設定します。

    サーバー上で動作するアプリケーションのバックアップを行います。(2021年4月現在でLinuxは対象アプリけケーションがないため、「無効」となっています)

    バックアップに関する詳細な指定を行います。通常は変更せずにお使いください。
  7. 保護計画を設定変更が完了したら「作成」ボタンで計画を保存してください。

  8. 保護計画で設定したスケジュールになるとバックアップを始めます。
    開始時刻は1時間程度ずれることがあります。

ページ上部へ戻る