電子メールアカウントの作成方法について(DirectAdmin)

■概要

電子メールを利用するには、まずサーバにメールアカウントを作成します。
その上で、お使いのメールクライアントソフトに登録します。

■設定の手順

(1) DirectAdminにログイン

  https://daxx.willnet.ad.jp:2222

  ※xxには、数字二桁が入ります。
  ※DirectAdminには、何種類かのスキンが提供されているため画面の構成が異なる場合があります。
   以下は、スキンに「jp_skin」を選択した場合の例です。

(2)「再販者パネル」が表示された場合は「ユーザパネル」に移動

   このパネルが表示されたら「ユーザパネル」をクリック

ユーザーパネル

(3)「E-mail」メニューをクリック

(4)「POPメールアカウント」をクリック

(5)「POP3メールアカウント作成」のリンクをクリック

(6) 以下の内容を入力

POP3 ユーザー名 メールアドレスの「@」の左部分を入力して下さい。
パスワード入力、パスワード再入力 メールパスワードを入力して下さい。
「自動作成」のボタンがある場合は、クリックして下さい。
メールボックス容量(MB) 受信メールをサーバに保存しておける最大容量を入力して下さい。
0は無制限です。

※メールボックス容量はドメインのディスク容量に含まれます。

最近、簡単なパスワードを設定したために、悪意の第三者にパスワードを知られてしまい、迷惑メール発信の踏み台にされてしまうケースが増えています。

  • 「自動作成」のボタンがある場合は、このボタンを使ってパスワードを生成することをお勧めします。
  • または、パスワード自動生成のWebサイトやプログラムを使って作成するのもお勧めできます。

ご自分でパスワードを考えられる場合は、以下を厳守して頂ますようお願い致します。

  • 8文字以上で、英字の大文字小文字、数字を必ず1文字以上含む。できれば記号文字も含める。
  • できるだけ推測が難しい内容にする。
    • メールアドレスと同じ内容は設定しない。)
      (メールアドレス「info@~」で「info」や「info123」などは☓)。
    • ドメイン名は設定しない。
      (メールアドレス「info@example.jp」で「example」「example.jp」などは☓)。
    • 数字4桁のようなパスワード、「abc」「123」「zzz」などの単純な繰り返しは避ける。
    • 辞書に載っているような単語、ご自分の名前や会社名なども避ける。

(7) 設定完了
設定が完了すると、メールアカウントの設定情報が表示されます。
この内容を控えておき、メールソフトに設定して下さい。

これでメールアカウントの設定完了です。

ページ上部へ戻る