Thunderbird(サンダーバード)の設定方法について

Thunderbirdの設定

■概要

Mozilla Thunderbirdでのメール設定についてご説明します。
Thunderbirdでは、自動検出機能によりメール設定を自動的に行うことができますが、自動検出機能では正しく設定できないことがありますので、手動設定で設定します。

■設定の手順

(1) Thunderbirdを起動し、「ツール」メニューの「アカウント情報」をクリック

(2)「アカウント操作」の「メールアカウントを追加」をクリック

(3) 名前、メールアドレス、パスワードを入力し「続ける」をクリック

受信者に表示される「差出人」欄は、この例の場合、以下のようになります。

山田太郎 <yamada@willnet.biz>

(4) 自動検出が始まるので、すぐに「手動設定」をクリック

(5) 手動設定画面が表示されます。

ここで、以下のように入力・選択します。

SMTP/POP3 over SSL 対応サーバの場合:

    サーバのホスト名 ポート番号 SSL 認証方式
受信サーバ: POP3 メールサーバホスト名
(設定完了のお知らせに記載)
自動 SSL/TLS 通常のパスワード認証
送信サーバ: SMTP メールサーバホスト名
(受信サーバと同じもの)
自動 SSL/TLS 通常のパスワード認証
ユーザ名: メールアドレス

※ポート番号は、SSLの欄で「SSL/TLS」を選択すると自動的に設定されます。

SMTP/POP3 over SSL 非対応サーバの場合:

    サーバのホスト名 ポート番号 SSL 認証方式
受信サーバ: POP3 メールサーバホスト名
(設定完了のお知らせに記載)
110 接続の保護なし 通常のパスワード認証
送信サーバ: SMTP メールサーバホスト名
(受信サーバと同じもの)
587 接続の保護なし 通常のパスワード認証
ユーザ名: メールアドレス

※SMTP/POP3 over SSL に対応しているのは、共用サーバプランではLPプランとなります。

※LPプランでSMTP/POP3 over SSLを使用する場合、メールサーバのホスト名は、必ず、「設定完了のお知らせ」に記載のホスト名(sercureXX.willnet.org XXには数字が入ります)を指定してください。

設定例(SMTP/POP3 over SSL 非対応の例):

(6) 設定後、「アカウント作成」ボタンをクリック

SMTP/POP3 over SSL 非対応の設定をした場合、次のような警告が表示されます。

Mozilla ThunderbirdはSMTP/POP3 over SSL の使用を推奨しています。
SMTP/POP3 over SSL を使用しなかった場合は、従来の(プロバイダ等の)メール設定と同じレベルの安全性になります。

「接続する上での危険性を理解しました」にチェックをつけて「アカウント作成」をクリックしてください。

(7) 設定完了

これで設定完了です。メールの送受信ができるかテストしてみてください。

ページ上部へ戻る