オンラインストレージ

オンラインストレージ「ウイルネットDrive」とは

「ウイルネットDrive」とは、Nextcloudを使った企業向けのオンラインストレージサービスです。
組織のポリシーに従って運用することができ、外出先やリモートワークで利用でき、重要な資料を持ち帰らず組織外の人とも安全にファイルを共有することができます。
また、海外のサービスとの大きな違いは、自分専用の完全に独立したストレージをご利用頂けます。


「ウイルネットDrive」の基本機能

「ウイルネットDrive」の基本機能について説明します。

ファイル管理全文検索バージョン管理アカウントの外部連携システムモニター外部ストレージクライアントアプリアプリ連携機能
オフィスファイル編集国内データセンター利用IPアドレス制限SSL通信ウイルスチェック


ファイル管理

「ウイルネットDrive」の最も主な機能がファイルの管理機能です。
ファイル管理では、以下の機能を提供します。

・ファイルのアップロード
・ドラッグ・ドロップによるアップロード
・ファイルの削除
・ファイルのダウンロード
・テキスト/PDF/動画など特定ファイルの閲覧
・ファイルのバージョン管理
・ファイルの共有
・フォルダの作成
・テキストファイルの作成
・ファイル共有機能
「ウイルネットDrive」に登録されたユーザ同士でファイルやフォルダを共有することができます。
また、他のユーザのファイル一覧画面に共有されたファイルが表示されます。

「ウイルネットDrive」では、ファイルを共有する際にURLを発行することもできます。
URLには有効期限と、一時的なログインパスワードを設定でき、メールなどで受け渡しできないような大容量のファイルも「ウイルネットDrive」を使用することで共有できるようになります。
URLを作成する際には編集の権限も設定できるため、ダウンロード専用としてのURLを作成することや、お互いにファイルを編集し情報を共有する場所としての利用も可能になります。



全文検索

「ウイルネットDrive」には、「Full text search」というファイルを検索できるアプリがあります。「Full text search」にElasticsearchを連携させると、PDFやドキュメントの検索が可能になります。

バージョン管理

「ウイルネットDrive」では同じ名前のファイルが更新された場合に、バージョン管理を自動的に行うことができます。ファイルを更新した場合、バージョンの履歴を確認することや過去のバージョンファイルを参照したり、復元することができます。

アカウントの外部連携

「ウイルネットDrive」は、組織内で利用しているLDAPやActiveDirectoryと連携したユーザ認証ができます。また、SAML認証にも対応していますので、SAMLのIdPと連携したシングルサインオンも可能です。

システムモニター機能

「ウイルネットDrive」にはシステムの状態を監視するシステムモニター機能があります。システムモニター機能ではシステムのCPU使用率やメモリ使用量、ストレージの空き容量などの情報を確認することができます。

外部ストレージ機能

「ウイルネットDrive」は、通常アップロードしたファイルをサーバーのファイルシステムに保存します。
しかし、外部ストレージ機能を利用することで、外部のストレージにデータを保存できるようになります。

サポートしている外部ストレージは以下の通りです。

Amazon S3
WebDAV
FTP
OpenStack Object Storage
SFTP
追加ストレージ
CIFS

クライアントアプリ

「ウイルネットDrive」には、パソコンやモバイル端末で利用できるクライアントアプリがあります。

・パソコン向けクライアントアプリ
WindowsやMacなどのパソコン向けのクライアントアプリを利用することで、特定のフォルダと「ウイルネットDrive」を同期することができます。

そのためブラウザを開くことなく、通常のファイル操作と同じように「ウイルネットDrive」上のファイルを操作することができます。

・モバイル向けクライアントアプリ
「ウイルネットDrive」は、iOSとAndroidに対応した無料アプリを配布しています。これらのアプリを使うと、オンプレミス環境に構築した「ウイルネットDrive」サーバに、外出先からでもアクセスすることができます。

また写真を自動的にアップロードする機能もあるので、モバイル内の写真データを「ウイルネットDrive」に保存できるようになります。設定で自動アップデートの可否やWi-Fi接続時のみ自動的にアップロードするなど選ぶことも可能です。

アプリ連携機能

「ウイルネットDrive」は、基本的な機能に加えて、アプリと呼ばれる多くの機能を導入することができます。
アプリを利用することで、次のような機能を利用できます。

1)カレンダー機能(CalDAV + CalDAVクライアント)
「ウイルネットDrive」のカレンダー機能では、ユーザ同士でスケジュールを共有できます。Googleカレンダーなど外部のカレンダーを指定して利用することも可能になります。


2)グループ共有フォルダ
「ウイルネットDrive」のグループ共有フォルダを利用することで、グループごとにデータを共有するフォルダを作成することができます。管理者がグループ共有フォルダを作成すると、グループに所属するユーザのファイル一覧に共有フォルダが表示されるようになります。

3)ウィルス検査(ClamAV)
「ウイルネットDrive」のウィルス検査の機能では、ClamAVというオープンソースソフトウェアのアンチウイルスソフトと連携してアップロードされたファイルのウィルス検査を行うことができます。動作モードは次の3つがあります。

Executable:アップロード時にコマンドでスキャンを実施
Daemon:ClamAV Daemon と通信をしてスキャンを実施
Daemon(Socket):ClamAV Daemon とソケット通信をしてスキャンを実施
ウィルス発見時の動作は、ClamAVの動作に依存します。基本的にClamAVを前提としている機能ですが、コマンドラインでファイルのスキャンが行えるウィルス対策ソフトであれば、連携が可能です。

オフィスファイル編集

オリジナルのOnlyOfficeというプラグインを利用すると、Nextcloud内のオフィス文書にアクセスし、ファイルの編集や作成、他ユーザーと共同編集することが可能になります。
ドキュメントの共同編集者はリアルタイムで編集状況を確認することができ、別のユーザからの編集を引き継ぐことができます。そのため排他制御の問題も解決されるようになりました。

国内データセンター利用

オンラインストレージ「ウイルネットDrive」は、日本国内のデータセンターで運用され国内法に基づいて運用されます。

IPアドレス制限

オンラインストレージにアクセス可能なデバイスをIPアドレスレベルで制限出来ます。
許可されたデバイスのみアクセス可能となります。

SSL通信

オンラインストレージ「ウイルネットDrive」へのアクセスは、SSL/TLS通信によりデータを暗号化しデータ漏洩や改ざんを防ぎます。

基本的なご利用方法について

ブラウザでアクセスすると、ストレージ上のファイル一覧が表示されます。

●ファイルのアップロード

ブラウザでアップロード先のフォルダを開き、アップロードするファイルをドラッグ&ドロップしてください。

●ファイルの参照

ブラウザ上でファイルをクリックすると、そのファイルの内容を参照できます。
右クリックすると、ファイル名の変更、フォルダ移動・コピー、ファイル削除等のプルダウンメニューが表示されます。

●ファイルの共有

ファイル名の右の共有ボタンをクリックすると共有メニューが表示されます。
共有したい形式に合わせて捜査してください。
外部の人にファイルを送りたい場合はURL共有が便利です。
URL共有はパスワードや有効期限の設定が可能です。

●OnlyOffice/LibreOffice

MS Officeと互換性のあるOnlyOffice/LibreOfficeが利用できます。
MS Office文書の拡張子のあるファイルは、クリックするとOnlyOffice/LibreOfficeで開きます。

※互換性にはまだ制限があり、一部レイアウトがかわるなどすることがあります。
 十分了解の上ご利用ください。

■クライアントアプリケーション

Nextcloudは、Windows、Mac、Android、iOS用のアプリが用意されています。
ブラウザでログイン後、プロフィール画像>モバイル&デスクトップからダウンロードできます。
(Android、iOSはそれぞれ、Google Play, App Storeからのダウンロードになります)

●デスクトップアプリケーションからのログイン

アプリケーションを実行するとブラウザが開きますので、そこからログインします。
明示的にログアウトするまで接続状態は有効です(PCを再起動しても自動接続します)。

PC上に同期フォルダが作成され、ストレージとの同期が始まります。
同期フォルダとストレージは常に同期されます。
PCでファイルを追加・更新・削除するとストレージに反映され、ストレージで追加・更新・削除が行われるとPCにも反映されます。

※ストレージに占めるのと同じ容量をPC上でも消費します。

●モバイルアプリケーションからのログイン

あらかじめ、ログインしたいモバイル端末以外のPC等でブラウザからログインしておきます。

(1) プロフィール画像>設定をクリック

(2) 左メニュー「セキュリティ」をクリック

(3)「デバイスとセッション」一番下の「アプリ名」にモバイル端末を識別する名前(任意の名前、日本語可)を入力し「新しいアプリパスワードを作成」をクリック

(4)「モバイルアプリのQRコードを表示する」をクリック

(5) モバイル端末でアプリを開き、QRコードのアイコンをクリック

(6) カメラが起動しますので、PCのブラウザに表示されたQRコードを読み取り

(7) ログインが完了したら、ブラウザ側で「完了」をクリック


オンラインストレージ「ウイルネットDrive」プラン概要

「ウイルネットDrive」プランは、6プランからお選びいただけます。

プラン名 WD-10 WD-20 WD-30 WD-40 WD-50 WD-60
月額費用 12ヶ月契約
3,000円
5,000円
7,000円
9,000円
15,000円
30,000円
6ヶ月契約 3,500円 5,500円 7,500円 9,500円 15,500円 30,500円
1ヶ月契約 4,000円 6,000円 8,000円 10,000円 16,000円 31,000円
ストレージ容量 50GB 200GB 400GB 800GB 1600GB 3200GB
無料お試し期間
10日間


ご注意事項

※料金には、消費税が含まれておりません。別途消費税が必要となります。
※途中のプランアップグレード可能です。


ページ上部へ戻る