Plesk をマスター DNS サーバとして利用する

Plesk でドメインが作成されると、必要な DNS レコードがすべて含まれる DNS ゾーンが自動的に作成されます。

DNS レコードを管理する
ドメインの DNS ゾーンに現在存在するレコードを表示するには、[ウェブサイトとドメイン] > [DNS 設定]に進みます。
また、この画面でレコードの追加、変更、削除が可能です。

レコードを追加するには、[レコードを追加]をクリックします。
レコードを変更するには、レコードの名前をクリックします。
レコードを削除するには、レコードの名前の横のチェックボックスをオンにして、[削除]をクリックします。
特定のレコードを削除すると、ドメインの機能に影響を与えます。たとえば、A レコードを削除すると、ドメイン解決ができなくなります。
ウェブサイトの機能に影響を与える DNS ゾーンに変更を加えてしまった場合、[デフォルトにリセット]をクリックしてデフォルトの DNS レコードを復元することができます。これにより、この DNS ゾーンに加えたすべての変更が取り消され、サーバ全体の DNS テンプレートに従って再作成されます。ゾーンに追加したカスタムレコードもすべて失われます。

DNS ゾーンには SOA レコードも含まれています。SOA レコードの値を表示・変更するには、[ウェブサイトとドメイン] > [DNS 設定] > [SOA]を開きます。[IETF と RIPE が推奨するシリアル番号フォーマットを使用]チェックボックスをオンにすると、Plesk が SOA シリアル番号を保存する方式が Unix タイムスタンプから RIPE が推奨する YYYYMMDDNN フォーマットに変わります。欧州を中心に多くのドメインレジストラが YYYYMMDDNN フォーマットの使用を求めています。レジストラに提供した SOA シリアル番号が拒否された場合、このオプションを有効にして対応できる可能性があります。

注釈: SOA シリアル番号が IETF と RIPE が推奨するフォーマットで保存されている場合、1 日あたりの SOA レコード変更回数は 98 回までに制限されます。ドメインの SOA レコードを 1 日に 98 回変更すると、SOA シリアル番号はそれ以上変更できなくなり、[デフォルト]ボタンをクリックすると DNS ゾーンからのすべてのレコードが削除され、DNS ゾーンの DNS サービスのオン/オフやスレーブ/マスターモードへの切り替えができなくなります。

外部のスレーブサーバを設置する場合のPleskからの設定について

DNS ゾーンの転送を制限する
デフォルトで、DNS ゾーン転送は、各ゾーンに含まれる NS レコードで指定されているネームサーバにのみ許可されます。
ドメイン名レジストラで、サービスを提供するすべてのゾーンの転送を許可する必要がある場合は、以下の説明に従って DNS ゾーンの転送の制限を調整します。

DNS ゾーンの転送を許可するホストを定義するには:

[ツールと設定]>[DNS テンプレート]に進みます。
[転送制限テンプレート]をクリックします。すべてのゾーンへの DNS ゾーン転送が許可されているホストがすべて表示されます。
[アドレスを追加]をクリックします。
レジストラの IP またはネットワークアドレスを指定して[OK]をクリックします。

ページ上部へ戻る