共用SSLサービス

SSLとは

Secure Socket Layerの略でインターネット上で通信を暗号化する技術です。 データを暗号化して個人情報を保護しますので、第三者による盗聴や改ざんを防止できます。

弊社では、主にCOMODO(コモド)社の128/256bitSSL証明書付SSLの受け付けを致しております。 COMODO社が発行するSSL認証については99.3%のブラウザで対応しており、確実な信頼を得ることが可能です。
また、日本を表すドメイン名「.jp」の登録管理を行う「JPRS」が提供するサーバー証明書についても受け付けを致しております。
「.jp」のサービスで培った安心と信頼の品質を、サーバー証明書でも実現。JPRS社のSSLをご利用頂くことで、お客様により確かな安全性を証明することが可能です。

共有SSLについて

ウイルネットでは共有SSLとして、当社のSSLサーバーを無料でご利用頂くことも可能です。
データの暗号化による安全な通信を行うことができます。 ご利用頂くアドレス例は以下のようになります。

サーバー プラン名 SSLサーバーアドレス例
Linux LPプラン https://www.secure-server.jp/ユーザー名/
Windows ASP.NETプラン https://www1.secure-server.jp/ユーザー名/

※プランによりSSLサーバーアドレスは異なります。お問い合わせください。
※ご希望の場合には、ウイルネットサポートまでご連絡をお願い致します。

備考

共有SSLは当社が用意したサーバー証明書でのご利用となりますため、お客様のサイト証明などは含んでおりません。
サイト証明などを含むサーバー証明書をご入用の場合には、独自認証SSLをご検討ください。
[独自認証SSLはこちら]

お申込み方法について

こちらのオプションは、ウイネットのレンタルサーバーをご利用中のお客様向けです。
お申込みは、会員ページへ変移後、ログインして「ご契約内容一覧」より「オプションの追加」を選択して下さい。

ページ上部へ戻る