コラム

Windows Server 2008 および Microsoft SQL Server 2008 は2020年1月14日に(EOS)を迎えるがどのような対応が必要か

ウイルネットは、Microsoft Windows 共用サーバーの提供を開始してから 10 年以上の実績があり、多くのお客様にご利用いただいております。
2019 年 7 月の SQL Server 2008 のサポート終了、 Windows Server 2008/2008 R2の延長サポート終了を2020年1月に控え、(EOS) が近づいているため、今こそ、レガシーアプリケーションを 「マネージドクラウドWCS3(Windowsプラン)」 に移行する最適なタイミングと考えています。

既存オンプレミス環境やクラウド・VPS環境については、AWSやMicrosoft Azureなどのクラウドサービスへ移行する機運が高まっています。
しかし移行に際しては、設計や要件などの策定、ネットワークやセキュリティの準備、移行先環境の構築や移行のテストといった手順が必要なため、限られた期間内での実行は非常にハードルが高いものと言えます。

そこで役立つのが、データやワークロードを別のサイトにバックアップするという仕組みを活用したアプローチです。いわゆる、バックアップ&リカバリソフトウェアを利用する。仮想/物理/クラウドベースの全データやワークロードにおけるバックアップ&リカバリ、そして移行時に肝要となるネットワーク環境をサポートするソリューションが有効だ。このソリューションを活用すれば、簡単、確実、迅速、そして低コストで移行が可能となります。
これらのツールを使った移行をウイルネットでは、かなり以前から行っております。

組織の中でクラウドの推進をしている事業部門責任者や IT リーダー、Windows Server 2008 や Microsoft SQL Server 2008 といったサポート終了製品のライセンスまたは IT 環境の移行をご検討中の IT 管理者 他、ご興味・ご質問のある方はお気軽にお問い合わせください。
レンタルサーバーでWindows 2008 OSをご利用中のお客様も移転をお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

また、ウイルネットでは、AWSやMicrosoft Azureへ移行すると、また何年か後に(EOS)を迎えるため移行作業不要なウイルネットのレンタルサーバー(Windows)への移行をお勧めしております。
現在、ウイルネットレンタルサーバー(Windows)をご利用中のお客様は、Windows 2008 からWindows 2016/2019 へSQL Serverも含めて無料で移行作業を実施中です。

レンタルサーバー(Windowsプラン)

Windows2008サーバー乗り換えキャンペーン

ページ上部へ戻る